会社の宝は人材

オフィス

最低でも年に一回は調査

会社にとって人は宝です。人材を大事にしない会社の成長はないといわれるほど人材は重要な観点となります。従業員満足度は経営が思っている事と程遠いこともあります。現場にいない経営層ほど実態を理解していないケースが多いです。その形として退職率が増加したり、勤怠の悪化などが傾向として出ます。部署によっても異なるため、会社全体としての満足度と実態の勤務場所の満足度とは異なるケースが多いですが、従業員満足度調査を行う事でこの傾向の実態をつかむことができます。また、使用するツールは簡単なアンケート形式です。紙媒体で配布して回収しても、eラーニングなどの形式をとることも可能になります。集計を行う事を考慮すれば、eラーニングの環境を提示するほうが効率的になります。従業員満足度調査に使用するアンケート内容は、インターネットなどで配布されているものを使用する事が最もコストをかけずに行う事ができます。しかし結果から読み取れる傾向や意識などを分析することを検討するのであれば、専門の会社に依頼するほうがより正確な情報をつかむことができるようになります。従業員満足度調査は、年に一回は最低限行うべきです。組織の動きはスピード感があります。そのため、従業員の意識も変わりやすくなっています。いつしか満足度が低下していることに気づいても時はすでに遅いです。そのため、リアルタイムで状況を管理することができるようにするとともに、改善は早い方がベストでしょう。

PCを操作する男性

物販ビジネスのコスト管理

物販ビジネスにとって在庫は利益を生む元でもあり、その逆に在庫化することが負担ともなります。仕入れた商品が回転してこそまともなビジネスとなります。大手量販店では在庫管理にポスシステムを導入していますが、これはアナログ作業でも同じことが出来ます。

ミーティング

システム導入をしましょう

社内で情報共有をするためのツールとして、多くの企業がクラウドサービスを利用したシステム構築を行っています。それらを導入する事によって、ビジネススピードを格段に速くする事が出来るのが、企業にとっては大きなメリットとなっています。

パソコン

話題になっているシステム

インターネットや社内LANを用いてパソコン上で教育を行うシステムが、eラーニングシステムである。eラーニングシステムでは、独自の教材で学習させることができたり、理解度テストを課すことなどもできるため効果的である。