物販ビジネスのコスト管理

PCを操作する男性

在庫に対する考え方

物販ビジネスにおいて在庫は利益を生む元となります。物を売る事業で在庫なしでは成り立ちません。かと言って在庫化すれば経営を押します。在庫が適正で、仕入れ日が早い順に出てゆくのが良く、在庫管理が重要となります。在庫を持つことのメリットは、常に消費者の需要に対する供給が可能となります。しかし、売り上げが停滞すれば、商品は在庫化し、売れない財産、すなわち負の遺産として業績を悪化させます。在庫化する原因に、市場のニーズに対応できていないという点があります。販売業は売れるものを販売するのがもっともな理由で、売れないものを仕入れるという考えのバイヤーにはいないでしょう。しかし、それが自己満足の世界であれば売れないものを仕入れていることもあるでしょう。服飾品などのサイズや好み問われるビジネスでは、市場のリサーチが重要です。しかし、バイヤーの好みが強く出ると、消費者目線と異なります。そのエリアで売れるものに注目しましょう。販売が上手くいかなくなると在庫管理が悪くなります。また、在庫管理が悪い企業は在庫の整頓ができていません。常に自社の在庫を把握していなければ消費者対応もできませんし、無駄な仕入れも多くなります。在庫は同じ場所でしっかりと管理することが大切です。大手販売業ではポスシステムを利用した在庫管理を行っており、在庫の適正化を図るとともに市場に求められる製品や盛況な時間帯などマーケティングにも役立てています。ポスは機械的に行う管理システムですが、大手の量販店では人件費削減やレジのスムーズ化も目的として行われますが、小規模事業者でこれと同じことはアナログでもできます。実売から商品構成を知り、入出荷の管理を正しく行うことが適正な在庫管理となるでしょう。